学校行事

本校の行事は、新入生を迎えての「歓迎会」を皮切りとして、「体育祭」と続き、秋には「修学旅行」「芸術鑑賞会」 「文化祭」、冬には「球技大会」「スキー教室」など、四季折々の行事が行われます。

主な年間行事予定(年度によって時期は変更されることがあります)

4月 入学式・健康診断
5月 体育祭・早慶戦応援(1・4年)
6月 定期試験
7月
8月 夏休み
9月 定期試験
10月 修学旅行・早慶戦応援(3・6年)
11月 文化祭
12月 球技大会(中等部,1月になることもあります)・定期試験(6年生学年末試験)・冬休み
1月
2月 1年生スキー教室・福澤先生記念講演会・芸術鑑賞会
3月 球技大会(高等部)・学年末試験(1~5年生)・特別カリキュラム・合唱コンクール・卒業式

入学式

早慶戦応援

年に一度、学年毎に分かれて東京六大学野球の「早慶戦」に参加します。 勝利を収めたときには、伝統ある「若き血」、「丘の上」を塾生全員で歌唱します。

体育祭

5月に開催される「体育祭」では、生徒の実行委員が中心となって種目決めから、当日の運営まで行います。 留学生も加わり、国際交流の場にもなっています。

修学旅行

10月初めの「旅行週間」に、全学年がそれぞれ異なる場所に旅行をしています。

1年:富士山麓自然教室
2年:東北旅行
3年:広島・四国修学旅行
4年:北陸旅行
5年:奈良・京都旅行
6年:北海道修学旅行

文化祭

第1回は「部会活動展示会」でした。 第2回からは「文化祭」という名称に変わり、第3回ではクラス企画が誕生しました。 近年では、文化系クラブの発表・授業内容の発表・クラス企画の発表が中心になっています。 中高生全員が力を合わせ、毎年定められたテーマに従って、湘南藤沢独自の「文化祭」を作り上げています。

球技大会

中等部は12月(1月になることがあります)、高等部は3月に開催されるこの「球技大会」は、本校生徒が最も白熱する行事の一つです。 高等部では、学年を超えてトーナメント形式で競います。 時には、低学年生の思わぬ活躍に、先輩たちが驚かされる場面も見られます。

芸術鑑賞会

ミュージカル・日本の古典芸能(歌舞伎・落語等)・クラシック音楽の芸術を鑑賞する機会を毎年設けています。

福澤先生記念講演会

三田や日吉から離れたSFCという土地柄、ともすると義塾とのつながりが希薄になりがちであることから、塾生としての自覚を新たにするために、福澤先生について造詣の深い方や、慶應義塾にゆかりの深い方をお招きして、慶應義塾で学ぶ意義を再認識する目的で毎年、講演会を行っています。

合唱コンクール

「合唱コンクール」は中等部生だけの行事ですが、 最初は斜に構えていた男子生徒も練習を重ねるにつれてのめり込むようになり、 最後にはクラスが一体となってすばらしいハーモニーを醸し出すようになります。

卒業式