特色ある教育内容

ゆとりの時間

1年から5年までの生徒が履修します。 履修する学年・時期により≪学年でテーマの決められている講座≫、≪高大連携の講座≫、 本校が開校以来続けてきた「ゆとりの時間」の良さを継承した ≪学年を超えて自由に選択することのできる講座≫等の開講が予定されています。

これまでに行ってきたプログラムの例(開設講座や内容は毎年変わります)

  • 陶芸教室
  • Ukulele English
  • Let’s sing in English(ア・カペラ)
  • 「技」
  • 宇宙エレベータロボットを作ろう
  • 手芸教室
  • 芸(能狂言入門)
  • 百人一首を楽しもう
  • 句会をしよう
  • 初級クラシックギター講座
  • 力学実験
  • 創造メディア論
  • 古文書を読もう
  • 環境デザイン論
  • From A To X
  • スポーツ塾
  • 国際人は三味線から
  • 朗読・録音

基礎講座

2~3年生対象に,数学と英語の基礎的な理解を助けるための講座が解説されています。

  • 基礎数
  • ばんかい英語

特別カリキュラム

学年末試験が終了した後の3月に開講されます。 普段の授業などでは扱われない内容の講座が開講されます。

これまでに行ってきたプログラムの例

  • 能・狂言鑑賞会(事前学習の時間もあります)
  • 合唱コンクール(中等部)
  • 百人一首大会
  • 科学入門講座

論文実習

本校では、6年生になると選択により文系科目を主とするI類と理系科目を主とするII類に分かれます。 このうちI類選択者に課せられるのがこの「論文実習」です。

自らが関心のあるテーマを設定し、資料検索・調査・分析・考察を通じて結論を導き出すのが論文実習の醍醐味です。≪教わる≫学習ではなく≪学ぶ≫学習の一つといえるでしょう。

テーマ例

  • テレビと育つ子ども
  • 仮面ライダー研究
  • 日本における野生動物との共存
  • 情報化のあり方について
  • 動物実験の是非を問う
  • 19(ジューク)研究
  • 公立小学校のあるべき姿
  • ベネトンの広告戦略
  • 「星の王子さま」研究
  • 21世紀型百貨店論
  • The Sonnets of William Shakespeare