慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部

卒業生の声

好きなことに全力で打ち込める環境があったからこそ今の自分がある

 SFCの良いところは、自由な校風はもちろんのこと,好きなことに全力を出せる環境が整っていることと、英語の授業がとても充実していることだと思います。

 SFCでは、目先の受験などを心配せず、思いっきり部活動に打ち込むことができます。私は、テニス部での活動を通じて、「何でも真剣に取り組み続ければ必ず結果は出る」ということを学び、この経験は、後に司法試験に挑戦して合格し、検事になってから難しい事件に直面した際に乗り越える原動力になっていると思います。
また、私は、現在、法務省刑事局という部署で国際業務を担当しており、国連を始めとする様々な国際会議に頻繁に出席していますが、こういう場で外国人と英語で交渉することができているのは、SFCの英語の授業があったからだと言えます。私は帰国子女なのでもともと英語はある程度話せたのですが、SFCの英語は、言葉を学ぶだけでなく、模擬国連を始め、英語で物事を考えて表現することに重点を置いています。こういった授業を6年間受ける中で、私の英語力は飛躍的に伸びたと実感していますし、あの授業がなければ、今の私はなかったと思います。

 みなさんにも、ぜひSFCでやりたいことに全力で打ち込み、将来のための土台を築いてほしいと思います。

入江 暁

入江 暁
検事
[入学年] 1995年(湘南藤沢中等部)

ほかの先輩の声を見る