ごあいさつ

創立25年を経て、新たなステージへ

慶應義塾湘南藤沢中・高等部長 会田一雄

 

1992年に開設した湘南藤沢中等部・高等部は25年の歴史を積み重ねてきました。2019年には、横浜初等部の第1期生が進学してきます。これにより本校は慶應義塾の中でも唯一の男女共学、小中高一貫教育校となります。

中等部は従来の一学年4クラスから一学年6クラスに拡充し、校舎も増築もしました。一般入試と帰国生入試で入学する児童に加えて、横浜初等部および幼稚舎から推薦された児童を受け入れます。高等部は本校中等部からの進学者、慶應義塾の普通部、中等部から推薦された生徒に加えて、全国入試と帰国入試で生徒を受け入れます。多様な成育環境を体験した生徒同士が視野を広げ、将来、グローバル社会の先導者として活躍することを期して、教育活動をしています。

高等部卒業生は、原則として慶應義塾大学に推薦されるので、在学中は集中して特定の教科や課外活動に取り組むことができます。

福澤先生の教育精神にもとづき、情操豊かで、創造力に富み、思いやりが深く、広い視野に立って物事を判断し、社会に貢献するために積極的に行動する人、すなわち「社会的責任を自覚し、知性、感性、体力にバランスのとれた教養人の育成」を目標に、本校は次の25年に向けて新たなステージへ臨みます。

慶應義塾湘南藤沢中・高等部長 会田一雄