本校の特色

情操豊かで,創造力に富み,思いやりが深く,広い視野にたって物事を判断し,社会に貢献するために積極的に行動する人,「社会的責任を自覚し,知性,感性,体力にバランスの取れた教養人の育成」が本校の目標です。

生徒一人ひとりを大切にして、基本を重視し、基礎を確実に身に付ける、きめ細かな指導を行います。21世紀に国際的な場で活躍するために不可欠なものとして、語学と情報リテラシーを身につける教育に力を注ぎ、「異文化交流」と「情報教育」を本校の教育における大きな柱としています。

高等部卒業者は、原則として全員が慶應義塾大学のいずれかの学部に推薦入学を許可されますので、自分自身の志望に応じて、好きな学業に打ち込み、クラブ活動やボランティア活動などを行うことができます。

 

 

中高一貫教育/男女共学

湘南藤沢中等部・高等部は、慶應義塾の中でも唯一の中高一貫教育校です。異文化交流と情報教育を軸とし、6年間を通してしっかりと基礎から学びます。

高等部からは、塾内の他の中学校や帰国生・全国からの入学も受け入れており、より高いレベルで学ぶ環境が整っています。多様な生徒が集う自由な雰囲気の中、社会的責任に対する自覚を身につけることができます。

 

 

進学について

湘南藤沢中等部・高等部は、慶應義塾の中でも唯一の中高一貫教育校です。異文化交流と情報教育を軸とし、6年間を通してしっかりと基礎から学びます。

高等部からは、塾内の他の中学校や帰国生・全国からの入学も受け入れており、より高いレベルで学ぶ環境が整っています。多様な生徒が集う自由な雰囲気の中、社会的責任に対する自覚を身につけることができます。

 

中等部から高等部へ
湘南藤沢中等部の卒業生は、推薦により湘南藤沢高等部へ進学することになります。

高等部から大学へ
湘南藤沢高等部の卒業生は、他の義塾内各高等学校と同様に、推薦により慶應義塾大学の全10学部に進学することができます。

 

 

「社会の良識」が校則

本校では「社会の良識が校則」という考えに基づき、細かい校則を設けていません。自由な雰囲気のもと、自己責任や社会的責任についての自覚を身につけてほしいと考えています。

また相互理解は、お互いの個性を尊重することから生まれると考えています。

 

 

 

英語教育と異文化交流

本校の英語教育は「英語について学ぶ」のではなく「英語で何かができるようにする」ことを目標にしています。

英語科には現在、非常勤も含め約20人の教員がおり、そのうち約10人はネイティブスピーカーです。専任のネイティブスピーカーはクラス担任をし、「ゆとりの時間」も担当しますので、生徒は英語でコミュニケーションをする機会に恵まれ、英語力の保持にもつながります。また、どの生徒も少なくとも週2時間はネイティブスピーカーの授業を受けます。英語のクラスはレベルに応じて30人以下の人数に分けられ、きめ細かな指導が受けられます。

授業ではプレゼンテーション、スピーチ、ディベート、エッセイ、ライティングなど色々な課題がバランスよく考えられています。6年では「MUN(模擬国連)」や「英語劇」を通してさらに英語の表現力を養います。

また、「ゆとりの時間」では、補習授業を必要としている生徒のための講座や、帰国生の英語力の保持・伸長のための講座も開講されています。

さらに、異文化交流として、多数の留学プログラムが用意されています。

情報教育

パソコン・タブレット端末合計約600台という、充実した情報教育環境

中等部では、コンピューターやインターネットを活用して「調べて・まとめて・伝える」活動を経験してきている生徒も、これから基本的な利用方法をマスターする生徒も、高度情報社会に氾濫している情報の中から 「情報の価値」を正しく判断する力を身につけ、高等部では、中等部の学習内容を引き継ぎ、より高度なコンピュータやネットワークのリテラシー教育を行い、「情報収集能力、情報編集能力、プレゼンテーション能力」を高めます。さらに「現代社会における情報の役割」「情報と法律」「情報と経済」「コンピュータやネットワークの技術的な仕組み」といった内容にも踏み込むことで、情報社会に置けるリーダーとしての資質を育みます。